11月25日

講演会のお知らせ

演題:「自転車でメタボ対策 ~自転車による運動療法とその効果~」


日 時: 2017年11月25日(土)  17時30分~19時

開 場:17時

場 所: 四街道公民館 ホール

講演者: 医学博士 露口利夫 千葉大学医学部附属病院内視鏡センター

連絡先:りんぐ自転車愛好会 石井和敬 043-424-0291

     サイクルボランティアジャパン 板垣信明 090-4000-8611

写 真中央は露口先生。NHKの番組「ためしてガッテン」に出演。


「肥満は動脈硬化、癌との因果関係があるだけでなく、膝や腰などの関節に負担をかけることで日常生活

にも支障をきたします。そして肥満対策は食事療法だけでは難しく適切な運動療法が必要です。自転車

は水泳と並んで関節に負担をかけることのない運動療法の1 つです。こうした医学的根拠に基づいた話

を実際に自転車で健康維持に務めている自分自身の経験を交えてお話することで皆様のお役にたてれ

ば幸いです。」(露口先生の言葉)


11月26日「紅葉めぐりと林檎狩りサイクリング」

今回のテーマは①泉自然公園の紅葉、②谷当工房の紅葉、③吉田農園の林檎狩り

 

日 時 2017年11月26(日) 午前10時から午後3時

 

コース 距離=25km 路面=概ね平坦、多少起伏あり

 

日 程

  • 10ː00 集合=千城台駅前
  • 11ː00 泉自然公園 到着~紅葉観賞(散策・食事)
  • 12ː30 泉自然公園 出発
  • 13ː30 谷当工房 ~紅葉
  • 14ː00 吉田農園 ~林檎狩り
  • 15ː00 解散=千城台駅前

※上記時刻は目安であり、前後することがあります。

 

定  員 先着10名(「ちば市政だより」11月1日号で告知後申込受付開始)

締  切 11月24日17時 中止の場合 前日18時までにメールで連絡

参加費 100円(資料代) 林檎狩り費用は別途各自負担

持参するもの ①参加費 ②自転車③ヘルメット(大人は帽子も可) ④手袋 ⑤お弁当・飲み物 など

申込・ 問合せ みんなのサイクリング実行委員会 『紅葉と林檎狩りサイクリング』担当 渡辺

    【携帯】090-9399-7263 【メール】 e.watanabe2008@gmail.com

◎次のチラシには、上記内容が記されています。

ダウンロード
SATOYAMA-CYCLING-20171126-1012.pdf
PDFファイル 938.4 KB

10月29日第5回「タンデム体験会」は雨天のため

11月10日に延期して開催します

2人乗りのタンデム自転車の体験ができます。自転車に乗れる方はタンデムの運転を体験(1=健常者)。視覚障がいのある方はタンデムの後席にどうぞ(2部=健常者と障がい者)

【日時】10月29日(日)13001部)、14002部)、1530解散予定

【会場】千葉競輪場

【定員】110名、220名(プラス1部の10名)

【費用】無料

 

【持ち物】飲み物、手袋、ヘルメット(貸出可)

詳しくは、次のチラシをご覧下さい。

ダウンロード
20171029第五回タンデム体験会0914.pdf
PDFファイル 1'009.0 KB

6月24日第4回「タンデム体験会」終了

第4回「タンデム体験会」は、33名(視覚障がい者8名)の参加をいただき、盛況のうちに終了いたしました。

尚、次回(第5回)は、秋に開催する予定です。日時など、詳細は決まり次第、このHPでお知らせいたします。

6月24日第4回「タンデム体験会」開催

2人乗りのタンデム自転車の体験ができます。自転車に乗れる方はタンデムの運転を体験(1=健常者)。視覚障がいのある方はタンデムの後席にどうぞ(2部=健常者と障がい者)

【日時】6月24日(土)13001部)、14002部)、1530解散予定

【会場】千葉競輪場

【定員】110名、220名(プラス1部の10名)

【費用】無料

 

【持ち物】飲み物、手袋、ヘルメット(貸出可)

詳しくは、次のチラシをご覧下さい。

ダウンロード
20170624第四回タンデム体験会v3.pdf
PDFファイル 993.1 KB

 次のサイクリングイベントは、「市民ネットワークちば 若葉事務所」(電話:043-284-2339)が主催するものですが、サイクルボランティア・ジャパンの千葉グループは、企画および実施に協力しています。


5月5日『わかばおもしろツアー』 終了

のんびり24km 初心者向けサイクリング

谷津田・里山を巡り、富田都市農業交流センターへ

千城台駅前 9時30分集合~15時解散

先着16名

参加費:500円

持ち物:乗り慣れた自転車・ヘルメット(大人はヘルメットでも可)・手袋・お弁当・飲み物

申込先:市民ネットワークちば わかば事務所

協力:サイクルボランティア・ジャパン


『千葉市里山サイクリングマップ』

千葉市観光課は、この度『里山サイクリングマップ』を作成し、市内の公的施設(市役所、公民館など)で配布を行っています。

 この『里山サイクリングマップ』には、「千葉市まちづくり未来研究所」において渡辺が「自転車によるまちづくり」のテーマの下で取り組み、研究した「いずみルート」が採用されている。他の研究員とともに研究成果を千葉市長に提言したことが実を結んだもの。

 

【写真】僭越ながら最年長者である渡辺が、研究員を代表して、千葉市長に提言書を手渡した。

4月2日『桜の名所めぐりサイクリング』(終了)

当初3月26日に予定されていましたが、雨のために4月2日に延期して実施されます。詳しくは、既報「第三回みんなのサイクリング」(『ちば市政だより』にて告知)をご覧ください。

【左】青葉の森公園 【右】千葉公園(2017.4.2)

3月18日『さわら雛舟サイクリング』のお知らせ (終了)

ダウンロード
『さわら雛舟』とは
煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行が、雅楽の美しい音色とともに小野川を優雅に進む水上雛祭り。
≪サイクリングの概要≫
【日時】2017年3月18日(土) 9時~14時半 【集合解散場所】成田さくらの山公園
【ルート】成田さくらの山公園~細道~佐原【距離】45km 【上り】260m
詳しくは、案内チラシ(PDFファイル)をご覧ください。
MINNA-NO-CYCLING-20170318-r5.pdf
PDFファイル 997.7 KB

【左】雛舟には小さな子供が扮するお雛様など【右】参加者7名の内6名(他に撮影した板垣さん)

3月5日タンデム体験会 終了

3月5日に千葉競輪場で行われた≪第三回みんなのサイクリング実行委員会主催≫の『タンデム体験会』は大盛況のうちに終了しました。千葉県および千葉市からは関係部門の職員の方々が視察にお見えくださいました。また、千葉競輪の選手会から中村氏と田中氏(リオ五輪の銀メダリストのまいちゃん)が一緒に走ってくださいました。そして、講師の広田氏(タンデム自転車の乗り方を指導)が二人のお子さんと横浜から駆けつけて下さいました。

【写真】≪左上≫参加者の集合写真 ≪右上≫広田氏と二人のお子さん ≪左下≫田中選手と参加者 ≪右下≫中村選手と参加者

『初めての体験(タンデム自転車)』~参加者の感想文~

 千葉市視覚障害者協会の出版物から抜粋してご紹介(次のPDFファイル)。3月5日にもまた参加したい、とのことで、主催した関係者一同にとってとても嬉しい感想を述べてくださいました。

ダウンロード
視覚障がい者会報―タンデム自転車.pdf
PDFファイル 638.1 KB

第三回「みんなのサイクリング」

(上の情報は『ちば市政だより』2017年2月1日号、5面より転載)

CVJニューイヤーサイクリング(2017.1.7~8)

1月7日~8日、三浦半島で実施されたニューイヤーサイクリングに千葉から3名参加。

7日は、津久井浜駅前に10時に集合してサイクリング。宮川公園(風力発電、『自転車半島宣言』)⇒剣崎(灯台)⇒ 城ケ島(「しぶき亭」で昼食)⇒県立城ケ島公園(水仙が見ごろ)⇒三崎漁港⇒油壷 と回って会長宅へ(宿泊)。

翌8日は、6時半から野比海岸で行われた伝統行事「おんべ焼き」を見物。甘酒をいただく。朝食後9時に解散。

 

《上段写真》【左】津久井浜駅前に集合 【中】宮川公園のオブジェ(マグロと大根と自転車)。【右】剣崎の灯台

《下段写真》【左】城ケ島公園は水仙が見ごろ【中】城ケ島公園の海鵜が生息する崖【右】野比海岸のおんべ焼き

【参考情報】『自転車半島宣言』を謳う三浦半島の観光スポット≪ソレイユの丘≫にメリダの最新ロードバイクのレンタル拠点を発見(こちら)。


第二回「みんなのサイクリング」(11月13日終了)

絶好のサイクリング日和で、気持ち良い一日を過ごしました

「里山サイクリング」では「石原ハーブガーデン」で昼食とお茶のひと時を過ごす

里山サイクリングでは、泉自然公園の紅葉が見事でした

 「里山サイクリング」の参加者

 

・ 千葉市内在住者は自走で。

・ 東京からは自転車をかついで電車で。

    あるいは車で。

・ 70歳代も複数名。

   最高齢者は喜寿(77歳)を迎えた方。

 

「里山サイクリング」を走りえた元気組は、午後の「タンデム試乗会」にも参加。


「タンデム試乗会」では、視覚障害者が健常者と一緒に走りました

大石千恵さん(中央、赤いジャンパー、手に白杖を持っている方)のお声がけで、視覚障害者が多数参加されました。中には、「自転車に乗るのは50年ぶり、風を切って走るのは凄く楽しい」という感想を述べた方もおられました。リオの銀メダリストの田中まい選手(前列、しゃがんでいる女性)と一緒に走れたことは、とてもいい思い出になりました。

スタッフによるタンデム(二人乗り)自転車の乗り方の説明と実演

【写真左】 乗車要領の説明 ~ ①前の人が自転車にまたがって両足を地面につけて踏ん張り、車体を安定させる。 次に、②後ろの人が座席にまたがって乗る。 ③後ろの人は、足でペダルを後ろ周りに回して、右のペダルが2時の位置にくるようにする。この時、もし膝がハンドルに当たるならば、サドルの高さを調整する。そして、 ④前の人が声を出して合図する発進のタイミングを合わせて、両者とも右足で踏み込む。 【写真右】 走行の実演 ~ 前の人は、後ろの人に対して、自分が行う動作、例えば、ハンドルを操作して走行レーンを変更したり、減速・停止しようとするなど、今行おうとしていることを言葉で伝える。

CVJメンバーも大いに楽しみました

【左上】 縄倉 【右上】 竹内

 

【左中】 川崎 【右中】 渡辺

 

【左下】 田中選手、板垣   


第二回「みんなのサイクリング」(お知らせ)

日時 11月13日(日)  9時~13時 里山サイクリング(いずみ地区)

11月13日(日)14時~16時 タンデム試乗会(千葉競輪場)

 

里山サイクリング日程

 

0845  スタッフ集合

000  参加者集合・受付

・0915 挨拶・説明

・0930 出発

・0950 下田農業ふれあい館

      昼食のお弁当などを購入

・1010 吉田農園(りんごなど)

・1100 泉自然公園着

・1130 泉自然公園発

・1150 石原ハーブガーデン着

・1230 石原ハーブガーデン発

・1300 千城台駅前解散

 

チラシをクリックすると拡大表示されます

第一回「みんなのサイクリング」(6月18日終了)

午前の部 里山サイクリング

【写真】(左)いずみの森 (右)石原ハーブガーデン

【ルート】 20km

千城台駅前(集合)

下田農業ふれあい館《トイレ・買い物》

リンゴ園(光陽園)

鹿島川《説明》

道祖神《クイズ》

いずみの森《小休止》

富田都市農業交流センター(通過)

千葉市乳牛育成牧場《人懐こい牛と柵越しにご対面》

おなりミルク工房《小休止・アイスクリーム》

石原ハーブガーデン《昼食、ハーブティーとハーブケーキ》

千城台駅前(終了)

 

《注》 地図をクリックすると bikemap.net のウェブサイで見ることができます。

午後の部 タンデム試乗会

【写真】(左)健常者と視覚障害者のペア。とても楽しそうに走ってました。(右)健常者のペア。ご自分で持参したタンデム車で凄くかっこよく走ってました。

第一回「みんなのサイクリング」(お知らせ)

2016年6月18日(土)≪午前の部≫9時~13時「里山サイクリング」    ≪午後の部≫14時~16時 「タンデム試乗会」(千葉競輪場)

日時 6月18日(土) 9時から16時
実施場所 午前「里山サイクリング」(千葉市若葉区)、午後「タンデム試乗会」(千葉市中央区の千葉競輪場)
趣旨説明
午前の部「里山サイクリング」は千葉市郊外(若葉区内)の車の少ない道を健常者はだれでも安心して走れるサイクリング。
午後の部「タンデム試乗会」は千葉市競輪場でタンデム(二人乗り自転車)を試乗し、障害者も自転車の楽しさを体験。
以上の2つの意味で「みんなのサイクリング」と名づけています。
参加費 無料
参加申込期限 6月15日17時まで
申込先は下の案内チラシをご覧ください。

開催要項は、次の案内チラシをご覧ください。

ダウンロード
(日本語)里山サイクリングとタンデム試乗会のお知らせ(A4片面 チラシ)
CVJ20160618Event1-Final.pdf
PDFファイル 497.1 KB
ダウンロード
(英語) June 18, 2016 "COUNTRYSIDE CYCLING" AND "TRY TANDEM" EVENT(A4片面 チラシ)
CVJ20160618Event-English.pdf
PDFファイル 571.2 KB

【参考資料】(タンデム車に関する解説)

タンデム試乗会に参加される方は、事前に次の資料「タンデム車に乗ってみよう」をお読みください。

【出典】タンデム自転車交流協会

「第一回みんなのサイクリング」(千葉市里山サイクリング)のルート

千葉里山サイクリングのルート

距離 26km 高低差 110m

1.千葉モノレール 千城台駅

2.下田農業ふれあい館

  ・必要ならここで昼食のお弁当を購入

3.りんご園(下田町)

  ・光陽園、吉田農園

4.鯱のある民家(下泉町)

5.道祖神のある民家(上泉町)

6.富田谷津(富田町)

  ・田んぼの縁の道

7.富田都市農業交流センター

8.千葉市乳牛育成牧場

9.おなりミルク工房(富田町)

  ・アイスクリーム

10.泉自然公園(野呂町)

11.石原ハーブガーデン(川井町)

  ・持参したお弁当で昼食

12.千葉モノレール 千城台駅

千葉市乳牛育成牧場(2016.3.26)

千葉市乳牛育成牧場(上の地図のほぼ中央)では、千葉市が酪農家の子牛を預かって育成している。

写真はガイド(渡辺)と参加者の母子

≪集合場所≫(千葉モノレール)千城台駅へのアクセス

【電車の場合】

JRから千葉モノレールを利用。「千城台」行きの終点で下車。「県庁前」行きではないのでご注意。

・JR京葉線 千葉みなと駅でモノレールに乗り換え。

・JR総武線 千葉駅でモノレールに乗り換え。

【車の場合】

京葉道路 貝塚ICで降り、国道51号を成田方面へ行き、モノレール(高架)の交差点で右折し、モノレールの終点まで、モノレールの側道を進む。

 

≪注≫画像をクリックすると元のルートマップが表示されます。

 

≪有料駐車場≫「タイムズ千葉千城台」

車で来た場合には、千城台駅周辺にある有料駐車場をご利用ください。「タイムズ千葉千城台」が3か所あります。

 

料金は

08:00-22:00 60分 300円
22:00-08:00 60分 100円

24時間で最大800円

 

詳しくは、左の地図をクリックして、「タイムズ千葉千城台」のページをご覧ください。

≪競輪場への移動≫千城台駅から作草部駅を経由して千葉競輪場へ行く

ルートの説明

千城台駅からモノレールに沿って千城台北駅へ向かう。千城台北駅手前の交差点を左折し道なりに進む。国道51号との交差点で左折する。道なりに進み、「知事公舎」交差点で右折する。道なりに進み、「東寺山」交差点で左折する。しばらく直進し、モノレールの通りを通過して、1つ先の十字路を左折する。道なりに進むと、右側に千葉競輪場がある。競輪場の正門を右折し、指定された駐車場に向かう。

千葉競輪場の駐車場および通用口へのアクセス

行動要領

 

まずは駐車場へ

・正門(地図の中央に位置する)の外側の道を進み、緩やかな坂を下ったところにある駐車場を利用する。誘導員がいたらその指示に従う。

 

次は通用口へ

・駐車場に車を停め、自転車など、必要なものを降ろしたら、正門に向かう。途中左側にある通用口を入り、関係者の案内に従って場内を進む。

 

≪注≫左の地図をクリックすると千葉競輪場のサイトにあるアクセスマップのページが表示されます。

千葉競輪場で自転車を楽しむ様子

【説明】廣田さんにタンデムの乗り方(乗車、発進、走行、停車、降車)についてご指導いただいた。5月28日(土)、千葉競輪場て。撮影=渡辺

千葉競輪場のトラックを走る

【説明】ロードレーサーやピストでトラックを走る「ちばサイクルクラブ」のイベントの参加者。5月15日(日)13時から15時まで、ちば競輪場にて。

タンデムを試乗する

【説明】タンデムを試乗するCVJメンバー。2016年4月6日(水)、ちば競輪場にて。

【説明】タンデムを試乗するCVJメンバー。2016年4月6日(水)、ちば競輪場にて。

千葉競輪場に保管されている5台のタンデム車


千葉里山サイクリングガイドツアー

ダウンロード
(英日)千葉里山サイクリングガイドツアー(3つ折り両面 リーフフレット)
Satoyama-cycling-leaflet-final2.pdf
PDFファイル 928.0 KB
ダウンロード
(英語) "IZUMI GREEN VILLAGE CYCLING"
IZUMI-GREENVILLAGE-CYCLING-2016.pdf
PDFファイル 1.3 MB

自転車の楽しさを多くの人に

~NPO 法人 サイクルボランティア・ジャパン(CVJ) 千葉グループ~

 サイクリングは人生の楽しさを広げることができるスポーツです。NPO法人サイクルボランティア・ジャパン(CVJ)は、 ”自らが楽しむため” だけでなく、その楽しさをより多くの方々と共有し、自転車を通して社会に貢献する活動を行っています。

2016年3月15日 二人の外国人と鹿島川流域の細い里の道を昭和の森までサイクリング。

昭和の森の展望台にて。遥か彼方の地平線に太平洋を望む。



2016年1月7日、二人の外国人とともにサイクリング。

四街道市吉岡(並木川の源流域)にて。